GPALogo

吠える

よくある質問ですが、結論から言わせていただくと「NO」です。特にジビエを与えたために、ペットが野生化したり、凶暴化したなどの研究結果はありません。

解体作業

GPAの処理施設から出荷するジビエは、保健所から営業許可を得た野生鳥獣解体所で解体処理されたものです。 さらに、国や市町村の衛生基準を遵守している施設のみが参加しています。 食肉用に加工している処理施設ですから、牛や豚などの処理施設と同様の衛生レベルです。

一方、ペットフード製造には、厳密な衛生レベルがありません。また、ペットフード製造は届け出制なので、どの程度の施設で作られているか不明です。 ジビエをペットフードとして購入する際には、処理施設の規模・衛生レベル、またペットフード加工場の製造工程などに注意が必要です。

料理

GPAの処理施設は、すべて食肉として処理施設を運営している施設ばかりです。 当然、衛生基準的にも人が食べても問題ありません。血の匂い、硬さ、スジなどが気にならないのであれば、是非食べてみてください。

製造基準

はい。GPAでは、ヒューマングレードを基準とし、食肉レーンで処理されます。  唯一異なる点は、「打ち身」「刺し傷」「血だまり」「指定サイズに合わない大小の個体」など食用に適さない肉も、ペットフードには使用します。あくまでも、見た目や味、食感が人間には合わないという理由で選別を外れた肉なので、ペットには問題ありません。 一方、「病気がある個体」「不衛生な個体」「搬入時間がかかった個体」は、使用しません。

日本地図

処理施設は、関東より西で、中部、中国、四国、九州などにあります。たくさんの処理施設が、同じ品質の商品を加工しています。産地を指定頂くことはできませんが、 どこの処理施設から出荷されるかはわかります。商品は、一度GPAに集められ、検品後出荷されます。(一部卸売りを除く)。 また、関東以北は、全頭セシウム検査や出荷制限がありますので、食肉同様、ペットフードでも取り扱いしません。

鹿の生肉の写真

基本的に生肉で与えず、火を通してから与えてください。アメリカ・オーストラリアなどでは、生肉を与えることが推奨されていますが、肝炎などのウィルスは冷凍でも死滅しません。生肉で与える場合は、飼い主の自己責任でお願いします。

エゾジカ

肉質や味は地域によって若干異なります。険しい山がある長野県では、冬の鹿は、痩せています。一方、四国や中国は、温暖で山が低いので、鹿が太っています。 また、自然林が豊かな地域だと、脂の乗りもよくなります。しかし、一番は個体差ですから、産地よりも食肉処理施設が、しっかりと入荷制限し、「衰弱した鹿」「止め刺しから時間が経過した鹿」などを入れないことが重要です。

料理

薬事法により、効果効能をうたうことはできませんが、飼い主様の個人的な感想として、事例を挙げておきます。

  • 毛も抜けて、先が短いといいわれた老犬でしたが、鹿肉を食べ始めてから、みるみる元気になり、抜け毛も収まった上に毛並みが良くなった。
  • 歳をとって食欲がなくなったが、鹿肉を食べはじめて、見違えるように食欲が旺盛になった。
  • 肥満気味だったが、適度な体重に戻った。
  • 食が細く痩せていたが、筋肉質になり骨格が見違えるほどがっしりした。
  • 子猫のころから食が細く痩せていたが、鹿肉を与え始めてから、筋肉質になり、骨格が見違えるほどがっしりした。

犬に餌を与える写真

一番は価格が高いことです。通常のペットフードの数倍です。 また、手作り料理が基本となりますので、手間がかかります。 また、ジャーキーは添加物・保存料を使用していませんので、賞味期限が短いです。 生肉は冷凍なので、賞味期限は長いですが、冷凍庫保管となります。 また、肉だけでは総合栄養食にはなりませんので、他の食材も必要です。

処理記録

捕獲日・捕獲方法・生体重量・性別・年齢などが分かります。

処理する職員

食肉処理施設が直接、ペットフード製造をしているからです。 既存のペットフード会社は食肉処理施設から、肉を購入しますが、そのほかに運送費、分別コスト、加工費、保管コストなどがかかります。 しかし、処理施設には、すでに大型の冷凍庫や金属探知機、真空パック機、ミンサー、大型カッターなど完備しています。 唯一、購入したのは、ジャーキー専用の乾燥機だけです。

料理

与えすぎると便秘になりやすくなりますのでご注意ください。 脚の骨は、大型犬向き、アバラ骨・軟骨などは小型犬におすすめです。犬の消化液は、強力なので、丸飲みしても消化できますが、心配な方は、尖った骨や小さくなった骨は、交換しましょう。

色の違う肉

一番は年齢です。若い個体の肉は、ピンクに、成長した個体の肉は赤くなります。 二番は、冷凍庫の種類。急速冷凍庫で冷凍すると、冷凍時にピンクに見えます。解凍すると戻ります。 三番は、放血の関係で、しっかり放血するとややピンクになります。